Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
清潔な毎日をあなたに。ダニ・ハウスダストを完全除去したアレルギークリアふとん

清潔な毎日をあなたに。ダニ・ハウスダストを完全除去したアレルギークリアふとん

 

山清環境アレルギー研究所『☆アレルギークリア☆』寝具が、

makuakeにてクラウドファンディングサイト公開中です!!

 

応援お願い致します!

 

マクアケ×アレルギークリア

   

           


山清環境アレルギー相談室

0120‐879‐007

posted by: 特殊(防ダニ)ふとん ダニ・アレルゲン除去寝具 山清の相談員 | 山清からのお知らせ | 14:17 | comments(0) | trackbacks(0) |-
一番大切な口元にダニアレルゲンの出ない(無い)枕で安眠を約束します!

>>『☆アレルギークリア☆』防ダニ綿枕

ダニアレルギー対策の基準値を満たし、
薬事法・景品表示法上の適切な表現・表記を認められた製品は、

当社技術製品『☆アレルギークリア☆』「防ダニ布団」
は、国内で、唯一(只一社)厚生労働省『確認書』によって、
認められています。



しかし、
偽物(ニセモノ)には、厚生労働省『確認書』がありません。
「防ダニ布団」発明者のなりすましや、
又、厚生省研究(委託)事業の内容を引用し、市場に出回っている
偽“防ダニ布団”・偽”防ダニカバー”のために、
ダニアレルギーに悩むアトピー・喘息・鼻炎などの
患者やそのご家族は、不正表示によって、迷い困っています。



当社のHP内容を引用した(便乗販売の)偽“防ダニ布団”
 又は、その偽サイトにご注意ください。

   便乗販売において、売らんがために、正規の防ダニ布団への
 妨害とも言える、大きい割引きを行なっている通販会社も
 ありますので、特にご注意ください。


詳しくは、防ダニ布団「発明者」清水静のブログ「偽物にご注意ください」
をご覧ください。
>>>「偽物にご注意ください」




当社技術製品『☆アレルギークリア☆』寝具発明者をはじめ、相談員は、
この技術製品『☆アレルギークリア☆』寝具をご理解いただき、
ご使用いただくことによって、ダニアレルギー症状の改善をしていただく
ことが、第一の目的であり、理念でもあります






布団中わたの、ダニやアレルゲンを除去することにより、

ダニそのものがいない、そして、50ミクロンの特殊生地により、
外からダニやダニアレルゲンが入り込むことはない、メカニズム
です。
WHO(世界保健機関)の提唱する、布団の中のダニアレルゲン量が
1グラム中2マイクログラム以下という
基準を満たし、実際に使用頂いた多くの検体の検査結果でも
測定したほとんどが、検出限界以下で、平均値でも、
百万分の0.12グラムと極めて低い数値でした。
よって、症状改善のための唯一の製品として、行政機関や医学界に認められております。

特許・新技術・高品質・日本製・薬剤を一切使用していません。
まずは、医師の診断を・・・


ダニもアレルゲンも除去 〈特許工法〉

症状改善は、旧厚生省の研究事業で、効果がデータ化された
製品として、厚生労働省が認め推奨しております。
更には、財団法人東京都中小企業振興公社より唯一の製品として認められ、
推奨事業として、販路拡大支援を受けております。
新開発(特許第3882990号)の構成により、完成した、
旧厚生省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー総合研究から
成る集大成です。

  ↓     ↓      ↓  クリック!
山清環境アレルギー研究所 ssマーク 環境アレルギー相談室
posted by: 特殊(防ダニ)ふとん ダニ・アレルゲン除去寝具 山清の相談員 | 山清の製品について | 17:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-
偽物(ニセモノ)防ダニ布団には、厚生労働省『確認書』がありません。ご注意ください。

NHK「あさイチ」身近にあふれる!“ニセモノ”詐欺
の情報番組を受けて、さまざまな商品に対する報道であると
理解いたしました。
ちなみに、寝具に置き換えてみれば、同様のことが、
考えられると判断いたしました。

当社、山清環境アレルギー研究所では、平成16年当時から、
当時、公正取引委員会、現、消費者庁、又、厚生労働省、
東京都などの関わる行政機関を通じ、
厚生省研究事業に参画した「防ダニ布団」発明者の立場から
偽物(ニセモノ)防ダニ布団についての情報提供を現在に至る、
行なって参りました。

防ダニ布団には、平成4年〜8年に行なわれた、(研究費:24億5,000万円)
厚生省長期慢性疾患総合(委託)事業 アレルギー総合研究の中で、

WHOが提唱する、ホコリ1g中、2μg/g dust以下という基準値が有ります。


小児気管支喘息の発症と環境中のヒョウヒダニアレルゲン量

大阪医科大学小児科  佐々木 聖
国立相模原病院臨床研究部  安枝 浩

表.気管支喘息のリスクファクターとして見た場合の各群の寝具中のDer1量(μg/g dust)
10μg/g以上 2−10μg/g 2μg/g以下
気管支喘息群,n=15
喘息様気管支炎群,n=6
未発症群,n=17 15

(表は、厚生労働省担当部局の確認と指導の下、記載しております。)

 
       







(概略)

2μg/g以下(WHO設定基準):安全で発症防止の範囲
10μg/g〜20μg/g以上: 危険範囲で発症や入院頻度が高くなる

(注)一般寝具及び、偽防ダニ布団は、100〜200μg/g dustを超えるダニアレ
ルゲン量(抗原量)があることが厚生省研究事業によって確認されています。



◆ 当該発明製品『☆アレルギークリア®☆』(防ダニ布団)は、
  使用検体のすべてで 0.05〜0.1μg/g dust以下 であった


この基準値(2μg/g dust)を大きく下回る数値が、予防・治療・改善
大きく役割を果たしています。
それが、『☆アレルギークリア☆』、正規の防ダニ布団です。




又、ダニアレルギーによる、
アトピー性皮膚炎・喘息・アレルギー性鼻炎
などの予防・治療・改善(改善率90%以上)・アレルギー対策
などの、
薬事法・景品表示法上の表現・表記をするためには、
行政指導により
厚生労働省『確認書』が必要です。
したがって、『確認書』のない防ダニ布団及び、
防ダニ布団カバーなどの
表示商品については、偽商品と位置づけられています。







ダニアレルギー対策の基準値を満たし、
薬事法・景品表示法上の適切な表現・表記を認められた製品は、

当社技術製品『☆アレルギークリア☆』「防ダニ布団」
であり、国内で、唯一(只一社)厚生労働省『確認書』によって、
認められています。



しかし、
偽物(ニセモノ)には、厚生労働省『確認書』がありません。
「防ダニ布団」発明者のなりすましや、
又、厚生省研究(委託)事業の内容を引用し、市場に出回っている
偽“防ダニ布団”・偽”防ダニカバー”のために、
ダニアレルギーに悩むアトピー・喘息・鼻炎などの
患者やそのご家族は、不正表示によって、迷い困っています。



当社のHP内容を引用した(便乗販売の)偽“防ダニ布団”
 又は、その偽サイトにご注意ください。

   便乗販売において、売らんがために、正規の防ダニ布団への
 妨害とも言える、大きい割引きを行なっている通販会社も
 ありますので、特にご注意ください。


詳しくは、防ダニ布団「発明者」清水静のブログ「偽物にご注意ください」
をご覧ください。
>>>「偽物にご注意ください」




当社技術製品『☆アレルギークリア☆』寝具発明者をはじめ、相談員は、
この技術製品『☆アレルギークリア☆』寝具をご理解いただき、
ご使用いただくことによって、ダニアレルギー症状の改善をしていただく
ことが、第一の目的であり、理念でもあります







布団中わたの、ダニやアレルゲンを除去することにより、

ダニそのものがいない、そして、50ミクロンの特殊生地により、
外からダニやダニアレルゲンが入り込むことはない、メカニズム
です。
WHO(世界保健機関)の提唱する、布団の中のダニアレルゲン量が
1グラム中2マイクログラム以下という
基準を満たし、実際に使用頂いた多くの検体の検査結果でも
測定したほとんどが、検出限界以下で、平均値でも、
百万分の0.12グラムと極めて低い数値でした。
よって、症状改善のための唯一の製品として、行政機関や医学界に認められております。

特許・新技術・高品質・日本製・薬剤を一切使用していません。
まずは、医師の診断を・・・


ダニもアレルゲンも除去 〈特許製法〉

症状改善は、旧厚生省の研究事業で、効果がデータ化された
製品として、厚生労働省が認め推奨しております。
更には、財団法人東京都中小企業振興公社より唯一の製品として認められ、
推奨事業として、販路拡大支援を受けております。
新開発(特許第3882990号)の構成により、完成した、
旧厚生省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー総合研究から
成る集大成です。

  ↓     ↓      ↓  クリック!
山清環境アレルギー研究所 ssマーク 環境アレルギー相談室
 
posted by: 特殊(防ダニ)ふとん ダニ・アレルゲン除去寝具 山清の相談員 | 山清からのお知らせ | 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) |-
価格について
日頃より、当社技術製品『☆アレルギークリア☆』寝具をご理解いただき、
誠にありがとうございます。

平成26年4月1日からの価格については、
企業努力により、従来の製品価格を維持し、
普及目的のため、全品、価格の変更はございません。
従来通り、税込み価格として表示をさせていただきます。

今後共、高品質を維持し、更に皆様のお役に立てますよう、
努力して参ります。
変わらぬお引き立て、宜しくお願い申し上げます。

山清環境アレルギー研究所

ご不明な点等ございましたら、お気軽に相談室までご連絡ください。
山清環境アレルギー相談室 0120−879−007

まずは、
医師の診断で、アレルゲンの特定されることが大切です。


ダニもアレルゲンも除去 〈特許製法〉

症状改善は、旧厚生省の研究事業で、効果がデータ化された
製品として、厚生労働省が認め推奨しております。

新開発(特許第3882990号)の構成により、完成した、
旧厚生省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー総合研究から
成る集大成です。

  



 
posted by: 特殊(防ダニ)ふとん ダニ・アレルゲン除去寝具 山清の相談員 | 山清からのお知らせ | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |-
アレルギーの会全国交流会in広島
ひろしまアトピーの会様より、当社主旨をご理解の上、
広告
掲載依頼があり、 
第19回アレルギーの会 全国交流会in広島
での広告掲載をさせていただきました。

協力:東京都・山清環境アレルギー研究所 防ダニ布団発明者:清水静

アレルギーの会全国交流会in広島

第19回アレルギーの会 全国交流会in広島


21世紀の健康ふとん(寝具)は、日本の伝統を守る、綿製品の
『☆アレルギークリア☆』寝具です!

ダニ・アレルギーによる、アトピー性皮膚炎・喘息・鼻炎などの
予防・治療・改善に医療費も5分の1に大きく寄与する、
国に優秀賞として認められた、技術製品、
殺虫剤を一切使用しない
唯一のダニ・アレルゲン除去寝具:新名称『☆アレルギークリア☆』寝具です。



※ 改善率は、早期に90%以上を示し、国内をはじめとして、
  第15回国際臨床免疫学会議でも、発表されております。


この場合、どうしたらいいんですか!?

アトピー性皮膚炎・喘息・鼻炎の症状が出ているんですが・・・

アレルギー症状が、年齢と共に、変わっていくことがあります。
例えば、乳児・幼児に、アトピー性皮膚炎の症状が出てきたとします。
すると、小学校に上がる頃から、気管支喘息が発症。更に、思春期が過ぎる頃に、
花粉症になるといった具合です。
まるで、アレルギーが、進行しているようにその様子が変っていくので
『アレルギーマーチ』(アレルギーの進行)と呼ばれています。




この場合、ほとんどの方が、食物アレルギー(3〜5歳以上)は、問題なく、
発症原因(主なアレルゲン物質)は、ダニアレルゲン(ハウスダスト)である場合が、
9割を超えています。
住環境対策(特に寝室の寝具)が重要です。
>>詳しくは、こちら  ダニアレルゲンがアレルギーマーチを引き起こす!


平均、2歳を過ぎたら、特に環境対策に力を入れましょう!


布団中わたの、ダニやアレルゲンを除去することにより、
ダニそのものがいない、そして、50ミクロンの特殊生地により、
外からダニやダニアレルゲンが入り込むことはない、メカニズム
です。
WHO(世界保健機関)の提唱する、布団の中のダニアレルゲン量が
1グラム中2マイクログラム以下という
基準を満たし、実際に使用頂いた多くの検体の検査結果でも
測定したほとんどが、検出限界以下で、平均値でも、
百万分の0.12グラムと極めて低い数値でした。
よって、症状改善のための唯一の製品として、行政機関や医学界に認められております。

特許・新技術・高品質・日本製・殺虫剤を一切使用していません。
まずは、医師の診断を・・・


ダニもアレルゲンも除去 〈特許製法〉

症状改善は、旧厚生省の研究事業で、効果がデータ化された
製品として、厚生労働省が認め推奨しております。
『☆アレルギークリア☆』は、(公財)東京都中小企業振興公社
ニューマーケット開拓支援事業の支援対象商品です。
新開発(特許第3882990号)の構成により、完成した、
旧厚生省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー総合研究から
成る集大成です。
  ↓     ↓      ↓  クリック!
山清環境アレルギー研究所 ssマーク 環境アレルギー相談室


posted by: 特殊(防ダニ)ふとん ダニ・アレルゲン除去寝具 山清の相談員 | 山清からのお知らせ | 17:13 | comments(0) | trackbacks(0) |-
2012年10月7日(日曜日)毎日新聞 朝刊 テレビ面広告掲載予定です!
  アトピー性皮膚炎・ぜんそく・鼻炎・花粉症の
方のために・・・・ 
研究開発された
『☆アレルギークリア(R)☆』ふとん

10月7日(日曜日)
毎日新聞朝刊 テレビ面
記事広告掲載予定です。
ぜひ、ご覧下さい。

毎日新聞朝刊広告イメージ
(※イメージ)

[エリア]
愛知県
岐阜県
三重県
  


布団中わたの、ダニやアレルゲンを除去することにより、
ダニそのものがいない、そして、50ミクロンの特殊生地により、
外からダニやダニアレルゲンが入り込むことはない、メカニズム
です。
WHO(世界保健機関)の提唱する、布団の中のダニアレルゲン量が
1グラム中2マイクログラム以下という
基準を満たし、実際に使用頂いた多くの検体の検査結果でも
測定したほとんどが、検出限界以下で、平均値でも、
百万分の0.12グラムと極めて低い数値でした。
よって、症状改善のための唯一の製品として、行政機関や医学界に認められております。

特許・新技術・高品質・日本製・殺虫剤を一切使用していません。
まずは、医師の診断を・・・


ダニもアレルゲンも除去 〈特許製法〉

症状改善は、旧厚生省の研究事業で、効果がデータ化された
製品として、厚生労働省が認め推奨しております。
更には、財団法人東京都中小企業振興公社より唯一の製品として認められ、
推奨事業として、販路拡大支援を受けております。
新開発(特許第3882990号)の構成により、完成した、
旧厚生省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー総合研究から
成る集大成です。
  ↓     ↓      ↓  クリック!
山清環境アレルギー研究所 ssマーク 環境アレルギー相談室


posted by: 特殊(防ダニ)ふとん ダニ・アレルゲン除去寝具 山清の相談員 | 山清からのお知らせ | 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) |-
朝日新聞朝刊別刷り「be」記事広告掲載決定
 アトピー性皮膚炎・ぜんそく・鼻炎・花粉症の
方のために・・・・ 
研究開発された
『☆アレルギークリア(R)☆』ふとん

6月9日(土曜日)
朝日新聞朝刊別刷り「be」
記事広告掲載予定です。
ぜひ、ご覧下さい。


朝日新聞イメージ
(※イメージ)

[エリア]
大阪本社版
西部本社版
北海道支社版
名古屋本社版  
全国その他の地域も対象となります。


布団中わたの、ダニやアレルゲンを除去することにより、
ダニそのものがいない、そして、50ミクロンの特殊生地により、
外からダニやダニアレルゲンが入り込むことはない、メカニズム
です。
WHO(世界保健機関)の提唱する、布団の中のダニアレルゲン量が
1グラム中2マイクログラム以下という
基準を満たし、実際に使用頂いた多くの検体の検査結果でも
測定したほとんどが、検出限界以下で、平均値でも、
百万分の0.12グラムと極めて低い数値でした。
よって、症状改善のための唯一の製品として、行政機関や医学界に認められております。

特許・新技術・高品質・日本製・殺虫剤を一切使用していません。
まずは、医師の診断を・・・


ダニもアレルゲンも除去 〈特許製法〉

症状改善は、旧厚生省の研究事業で、効果がデータ化された
製品として、厚生労働省が認め推奨しております。
更には、財団法人東京都中小企業振興公社より唯一の製品として認められ、
推奨事業として、販路拡大支援を受けております。
新開発(特許第3882990号)の構成により、完成した、
旧厚生省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー総合研究から
成る集大成です。
  ↓     ↓      ↓  クリック!
山清環境アレルギー研究所 ssマーク 環境アレルギー相談室

posted by: 特殊(防ダニ)ふとん ダニ・アレルゲン除去寝具 山清の相談員 | 山清からのお知らせ | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) |-
「防ダニ布団」を選ばれる時の目的は・・・・

アレルギー対策用の寝具をお選びの際、
何を基準にされますか?

「山清の布団はいいんだけど、色柄が・・・・」
「他の色とかは無いのですか?」など・・・

当社相談室へ、たまにこのようなお問い合わせがございます。
当社の製品『☆アレルギークリア☆』特定防ダニ布団は、
いわば、“薬”にかわるものとして、治療・改善が目的の寝具です。

つまり、
『☆アレルギークリア☆』は、上記の目的を果たし、
行政機関に認められている国内唯一の製品です。

『☆アレルギークリア☆』については、生地の特徴として、
0.05mm(50ミクロン)特殊高密度織物をはじめとし、
基準値を長期に維持するため、
簡単に色柄を変えることが難しい製品であることをご理解ください。

色柄は、お薬に例えると、パッケージに過ぎないので、
製品の特徴である、予防・治療・改善の効果を重視して頂く
必要があります。

大変僭越ながら、色柄を重視されますと、本来の改善目的を
失いかねないと思いますので、慎重にご検討ください。

お選びいただく色柄は、当社オリジナル(漫画家:天野俊興・原としこ)
含む、全6種類となります。

改善の暁には、お好みの色柄をご検討いただくのも、
ひとつの方法ではないでしょうか?



色柄よりも、今、何を必要とされますか?


ご不明な点等ございましたら、お気軽に相談室までご連絡ください。
 山清環境アレルギー相談室 0120−879−007

まずは、
医師の診断で、アレルゲンの特定されることが大切です。


ダニもアレルゲンも除去 〈特許製法〉

症状改善は、旧厚生省の研究事業で、効果がデータ化された
製品として、厚生労働省が認め推奨しております。
更には、財団法人東京都中小企業振興公社より唯一の製品として認められ、
推奨事業として、販路拡大支援を受けております。
新開発(特許第3882990号)の構成により、完成した、
旧厚生省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー総合研究から
成る集大成です。
  ↓     ↓      ↓  クリック!
山清環境アレルギー研究所 ssマーク 環境アレルギー相談室

posted by: 特殊(防ダニ)ふとん ダニ・アレルゲン除去寝具 山清の相談員 | 山清の製品について | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ダニアレルギー対策用寝具選び

有効性の見極めが大切です。

ダニアレルギー対策用寝具をお考えの際に!!
何を基準にしていますか?
素材を気にされておりますか?
お値段も気になるでしょうか?
今現在、皆さんがお使いの寝具の素材は何でしょうか?


  ポリエステル・ナイロン等化学繊維素材の場合

  綿素材に比べて、汗の吸収が悪く、
静電気でホコリ等を寄せ付けてしまい、ダニアレルゲン(ハウスダスト)
対策には、データにより、
逆効果と報告されています。
例えば、「布団を軽くしました!」などとして、ポリエステルわたが、
50%〜100%と表示されています。
しかし、このように、基準以上に、化学繊維素材を配合した場合、
静電気による、布団の中へダニアレルゲン(ハウスダスト)
の吸着で、改善効果は望めません。逆効果です。

   
   羽毛・羊毛・絹等動物性素材の場合
  
  
臭いで、ダニを寄せつけてしまい、又、たんぱく質ですので、
  ダニのえさになります。
  喘息の場合などは、梅雨時の動物性の臭いで、発作を起こしてしまうこと
  も考えられると報告されています。


一般の布団に限らず、最近は、行政機関の効果が認められていない
「防ダニ」・「防ダニ布団」
とうたった寝具も多数市場に出回っていますが、
基礎となっている、平成4年〜平成8年に行われた、
厚生省長期慢性疾患総合(委託)研究事業 アレルギー総合研究の
その内容やデータを引用されているに、過ぎず、いかにも効果があるかの
ように、(虚偽記載)表示し、ダニアレルギーによる、アトピー性皮膚炎・
喘息・鼻炎などで、苦しんでおられる患者さんやそのご家族(消費者)を
欺く行為と言わざるを得ません。


「とりあえず、カバーだけ使用」では、改善は有り得ません。

関わる医療従事者等の方々より、「とりあえずカバーだけ使用をしてみては・・・」
「シーツだけでも・・・」というご指導をいただいたというご相談者も、
当社相談室には、多数いらっしゃいますが、
 布団がハードとして重要で、カバーはあくまでもソフトとして、
カバーだけの使用で、ダニは減らせても、改善は望めません。

厚生省研究事業の医学に関わる成果について、具体策が活かされておらず、
あまりにもかるんじられております。

重要なことです。
適切なご指導を望みます。

>> 詳しくは、平成4年〜8年厚生省長期慢性疾患総合研究(委託)事業に
 関わられた、当時広島大学名誉教授主任研究者:山本昇壮先生の研究報告




値段で決められますか?


不条理に、安く布団を作ることは簡単なことです。

当社の製品『☆アレルギークリア☆』は、
布団中わたの、ダニやアレルゲンを除去することにより、
ダニそのものがいない、そして、50ミクロンの特殊生地により、
外からダニやダニアレルゲンが入り込むことはない、メカニズムです。

WHO(世界保健機関)の提唱する、布団の中のダニアレルゲン量が
1グラム中2マイクログラム以下という
基準を満たし、実際に使用頂いた多くの検体の検査結果でも
測定したほとんどが、検出限界以下で、平均値でも、
百万分の0.12グラムと極めて低い数値でした。
よって、症状改善のための唯一の製品として、行政機関や医学界に認められております。

特許・新技術・高品質・日本製・殺虫剤を一切使用していません。

手抜きは絶対に許されません。
薬にかわるものとして、使用された結果、症状の改善を果たせるか、だと
考えます。
それらを含め、お値段だと考えいただきたいと願っております。


◆疑問や、ご意見、ご相談は、どうぞお気軽に発明者まで、お電話ください。
この件についての、疑問やご意見、ご相談は、電話でのみお受け致します。
山清環境アレルギー相談室 0120−879−007


まずは、医師の診断を・・・


ダニもアレルゲンも除去 〈特許製法〉

症状改善は、旧厚生省の研究事業で、効果がデータ化された
製品として、厚生労働省が認め推奨しております。
更には、財団法人東京都中小企業振興公社より唯一の製品として認められ、
推奨事業として、販路拡大支援を受けております。
新開発(特許第3882990号)の構成により、完成した、
旧厚生省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー総合研究から
成る集大成です。
  ↓     ↓      ↓  クリック!
山清環境アレルギー研究所 ssマーク 環境アレルギー相談室


posted by: 特殊(防ダニ)ふとん ダニ・アレルゲン除去寝具 山清の相談員 | 山清からのお知らせ | 16:49 | comments(0) | trackbacks(0) |-
テレビホスピタル3月号

本日3月1日より、全国不特定の病 医院にて置いてあります。
(お持ち帰り自由)
是非お手にとってご覧ください。

テレビホスピタル3月号表紙

TVホスピタル3月号



布団中わたの、ダニやアレルゲンを除去することにより、
ダニそのものがいない、そして、50ミクロンの特殊生地により、
外からダニやダニアレルゲンが入り込むことはない、メカニズム
です。
WHO(世界保健機関)の提唱する、布団の中のダニアレルゲン量が
ハウスダスト1g中、2μg以下という
基準を満たし、実際に使用頂いた多くの検体の検査結果でも
測定したほとんどが、検出限界以下で、平均値でも、
百万分の0.12グラムと極めて低い数値でした。
よって、症状改善のための唯一の製品として、行政機関や医学界に認められております。

特許・新技術・高品質・日本製・殺虫剤を一切使用していません。
まずは、医師の診断を・・・


ダニもアレルゲンも除去 〈特許製法〉

症状改善は、旧厚生省の研究事業で、効果がデータ化された
製品として、厚生労働省が認め推奨しております。
更には、財団法人東京都中小企業振興公社より唯一の製品として認められ、
推奨事業として、販路拡大支援を受けております。
新開発(特許第3882990号)の構成により、完成した、
旧厚生省長期慢性疾患総合研究事業アレルギー総合研究から
成る集大成です。
  ↓     ↓      ↓  クリック!
山清環境アレルギー研究所 ssマーク 環境アレルギー相談室

posted by: 特殊(防ダニ)ふとん ダニ・アレルゲン除去寝具 山清の相談員 | 山清からのお知らせ | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) |-
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ